ルーカス復帰の可能性、フォースの覚醒のときのエピソードなど – キャスリーン・ケネディ社長が語る

ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長がローリングストーン誌のインタビューの中で様々なことを語っています。

新作映画となる『スカイウォーカーの夜明け』に始まり、議論を呼んだ前作『最後のジェダイ』、マーベルスタジオのケヴィン・ファイギなど、インタビューでのトピックは多岐にわたります。

色々面白い話が飛び出しているのですが、ここではジョージ・ルーカスに関する話だけをピックアップして、その他の部分は別の記事で取り上げることにします。

フォースの覚醒について

まず最初は『フォースの覚醒』のときにルーカスが不服だったというエピソードに関して。これについては先日出版されたボブ・アイガー会長の本の中でも詳細が語られていました。

KK社長はこれに対する気持ちを聞かれ、次のように話します。

(ボブ・アイガーの新しい本のおかげで、ジョージ・ルーカスがフォースの覚醒に不服だったときの詳細を知ることができた。それについてあなたの気持ちは?)

彼との個人的な付き合いは、『レイダース/失われたアーク』を作る前に会ったときまでさかのぼる。だからとても長い。もう35年以上もジョージを知っているし、彼とは本当にとても仲の良い友達になれた。

これはすでにたくさんの例があると思うのだけど、誰かが自分にとって重要なもの作ると、やがてそれを手放すのが難しかったり、なにか違うものに変わってしまうのを見るのが辛かったりする。だから最初はジョージにとっても難しかったはず。私が思うに、これがどれだけ辛いことになるのか彼には想像出来てなかった。

その後、J.J.が熱意満々でやって来た。スター・ウォーズとジョージへの敬意もあった。だけど同時に、彼は何が自分らしいものなのか、それを見つける必要もあった。自分のものを作らなきゃダメなの。映画に参加する全ての監督は必ず自分のものを作る必要がある。ストーリーテリングの中で彼ら自身がそれを見つけなければならない。

だからこそ、そこに視点の違いが生まれることになる。私が思うに、ジョージが反応するのはそれに関してだけ。

彼はJ.J.がした選択の全てに賛成するわけではないだろうし、それはライアンについてもそう。だけど映画製作に感謝しているのは確か。あと具体的に言うと、ILMの成果にも彼はとても満足している。だってあれは彼が作った会社だからね。

物事がどれだけ進んだのかそれに驚いていると、私によく話してくれる。今では、頭に浮かんだものはなんだって実現できる時代になった。

ザ・マンダロリアンのときもやって来て、私たちがしていることを見ていったの。デイブ・フィローニとは長い間仕事をしていたし、ジョン(ファヴロー)とも面識がある。あのときの彼といったらね、まるでセットに連れてこられた子供みたいだった。夢中になっている彼を見て、少し後悔の気持ちもあった。どうして彼があのステージにいなくて、映画を作ってないんだろうってね。

もちろんジョージが何を感じているのか、私がいつも代弁できるわけではない。だけど、彼が自分の作り上げたものにとても誇りを持っているのは知っている。みんなが楽しみ、それがずっと続いていて、もうすぐ2020年になろうとしている。これはとても凄いことだ。

たしかに『ザ・マンダロリアン』のセットでのルーカスは楽しんでいる様子だった。

©Lucasfilm

ボブ・アイガー会長の本もそうだけど、あのときのルーカスの言葉はあくまで2015年の『フォースの覚醒』頃のエピソードなんだよね。

他の作品でも毎回撮影現場を訪れているし、今ではだいぶ心境も変わってきているのかもしれない。

ルーカス復帰の可能性

ルーカスがなにか一作だけを作る、あるいは特別なプロジェクトがあってそれだけを担当する、といった道は残されているのか。

その可能性についてもKK社長は答えています。

(ジョージが一度限りで戻ってくるとか、なにかするというのは可能?)

多分ないと思う。でも聞いてほしい。もし彼の興味がまた戻れば、それはとても素晴らしいに違いない。だけど私はないと思う。

今彼はね、自分の博物館(LAのLucas Museum of Narrative Art)を作るのにとても夢中なの。とてつもなく大きなプロジェクトだし、きっと凄いものになる。これはナラティブ・ミュージアムだから、彼はまたストーリーテリングの世界に戻って忙しくしてる。それを楽しんでいる最中だし、小さい娘(6歳のエベレスト)のことも愛している。だから彼はとても満たされているの。

というわけで、KK社長の見立てではルーカス復帰の可能性は「望み薄」といった感じの模様。まあ、ルーカスもすでに75歳だしね。映画作りに関わるのはなかなか難しいのかもしれない。

それでも実写ドラマシリーズで一話だけ担当するとか、そういった方法ならアリなのでは?なんて想像してるのだけど、それでも無理なのだろうか。

©Lucasfilm

『オビ=ワン』シリーズの全エピソードを監督するデボラ・チョウも『ザ・マンダロリアン』を一話担当しているし、そのような感じで一回だけルーカスがピンチヒッターとして復帰するのは…。どうなんだろう。やっぱりKK社長の言葉通り、もうルーカスにはその気がないのかな?

個人的に気になってるのが、もう10年以上前に発表された『Star Wars: Underworld』の構想。本作は初のスター・ウォーズ実写ドラマとなるはずだった作品で、ルーカスが企画を温めていたシリーズだった。

『Underworld』の内容は「女性にひどい扱いを受け、皇帝は人として破壊されてしまう」なんていう話だったらしいし。もしかするとルーカスは、シークエルに入る前にパルパティーンを掘り下げたかったのだろうか。

Source: RollingStone

6 thoughts to “ルーカス復帰の可能性、フォースの覚醒のときのエピソードなど – キャスリーン・ケネディ社長が語る”

  1. STARWAR自体がルーカス御大の(彼主観の)自伝みたいなもんで
    アナキン=ルーク=ルーカスですからねw
    新たなる希望の大ヒットとSWグッズ収益で尊大になってスタッフに嫌われ、
    超有能編集だった嫁さんを出入りのステンドグラス業者に寝取られ….等
    (オビ=ワンを間男扱いしてましたよね)
    いろいろあって人間不信になってましたからね。
    再婚して幸せになってしまった現在は、
    作家性の強いカリスマ的な作品はもう生まれないんじゃないかな。

    1. そんなことあったんですかw自分は昔のこと全然知らないんですよ。この間、ルーカスの今の奥さんを知って驚いたくらいだし。

      今は幸せそうでなにより。映画製作に呼び戻して平穏な日常をかき乱すようなことしたら、かえって悪いかもしれない。

  2. SWって実はスカイウォーカー一族による壮大な「昼ドラ」って見方も出来るんですよねw
    ルーカスさんの身に起こった事とSWのストーリーの話の内容がリンクしてて面白いです。
    当時はベトナム戦争の反省からアメリカン・ニューシネマ一辺倒の映画界にあって
    SWはキャラクターたちの心情にライドできて、痛快で気持ち良かったんでしょうね。

    1. たしかに所々にメロドラマっぽい要素がありますよねwでもその中にスターウォーズらしい冒険活劇と明るさがあるっていう、それが魅力かもしれない。

      今ってアメコミヒーロー映画が全盛の時代だから、アクションをメインに期待している人はスターウォーズに面食らうかもしれない。

      あと、いつもコメントありがとうございます。嬉しいです。

  3. ネットではボロクソな意見が多いですし、著名人の方でも大のSW好きを公言してたはずの人達が
    もう見限ったみたいな事が多かったもので、管理人さんのポジティブな考察と
    SWを楽しんでいる姿勢がとても好きなんです。

    私自身SWはアクション楽しむだけのものじゃなくて、宗教に対する皮肉や、
    過ちを繰り返す人間のどうしようもない業みたいのが根底にあるのが好きですね。
    明るすぎるフォースは害になるというか、理想主義だけじゃいつか人間おかしくなるよというか。
    ですから新3部作のテーマは大好物ですw

    1. ネットだとネガティブな意見ばっかり目にしますよね。それでも海外だとオフェンス・ディフェンスのバランスが取れてるのだけど、日本はどうしても一方的な意見になりがちな気がする。

      スターウォーズに求めているものが人によって違うからある程度は仕方がないのかも。

      あと大人になるにしたがって価値観も変わるものだけど、本人はそれ気付いてなかったり。「今のスターウォーズが昔と変わった」と言う人がいるけど、ホントは変わったのは自分じゃないの?と思ったりする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。