『スカイウォーカーの夜明け』レイがまさかの!?会場限定の新映像が大反響 – ポスターも公開

ディズニーエキスポ「D23」の『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』パネルでは色々な新情報が飛び出しています。

その中でも大注目は、会場限定で流されたという新映像を含むショートクリップ。

この映像があまりにもインパクトがありすぎて…。今現在、世界中のスターウォーズファンの間でこの話題が持ちきりなのは間違いないでしょう。

というのも、ショートクリップのラストが

レイが赤のダブルブレード!?黒のローブ姿で、しかも明らかにダークサイドっぽい雰囲気!?

おいおいマジかよ…といった声が聞こえてきそうですが。いやー、この流れは全く予想してなかった。まさかの展開だ。

いずれにせよ、早くこの目で確かめたい!

どうも情報によると、月曜の「Good Morning America」(GMA)にて新映像が披露されるとのことですが、どうもこれはメイキング映像だけの模様です。

肝心なレイのシーンを一刻も早く見たいわけですが、どうやら今回の映像がお披露目となるまでにはもう少し待つ必要がありそう。

驚きの新映像

以下、会場限定で流された映像。

  • オリジナルトリロジーからの場面。ふたつの太陽を眺めるルーク。ハンとレイアのシーン。
  • トレイラーと同じルークのセリフ「はるかな歴史が君の中に。だがこれは君の戦いだ」。
  • フォースの覚醒と最後のジェダイからの映像。
  • スクリーン上に「数世代にわたる物語がついに完結」との文字。
  • 暗い空に浮かぶ、無数のスターデストロイヤー。
  • レーザーのような超兵器が惑星に直撃する。
  • フィンとジェイナが一緒にコックピットにいる。
  • 赤い目をしたC-3PO。
  • ヒーローたちが惑星パサーナの賑やかな街に向かっている。
  • レイはネックレスを身に着けている。
  • ライトセーバーを投げるレイ。回転しながら木々を切り裂き、それがレイの手に戻ってくる。
  • 岩肌の崖で戦うレイとカイロ・レン。その下では波が打ちつける。
  • ダース・ベイダーのマスク。呼吸音が聞こえる。
  • レイが全身黒のローブ姿で、手には赤のダブルブレード・ライトセーバー。暗く不気味な感じ。
  • パルパティーンのボイスオーバー「今、お前の旅が終わりに近づいている」。

…という内容です。

最後のレイはいったい…。これはどうなってしまったのか!?

単なるビジョンの一部?ダークサイドのスピリッツに憑りつかれている?それとも本当にダークサイド堕ち!?

まあ、単にEP6のルークと一緒で全身黒ずくめの衣装を着ていて、ライトセーバーはエズラと同様に遺跡でたまたま発見した、とかそういう可能性もありそうだけど。で、そのときにレイちゃんもたまたま悪い顔をしていた、とかそんな感じで!

個人的な予想では、レイが自ら望んでダークサイドに堕ちる展開はあり得なさそうと思っていますが、ただ正直言って、もうなにがなんだかさっぱり分からない。

いずれにせよ、これは早く実際の映像を見て確認したいところ。

レイのライトセーバー

どうも情報によると、レイが手にしているダブルブレードは「『反乱者たち』でジェダイテンプル・ガードが使用していたものと同じ形態」のようです。

つまり、

持ち手の部分は折り畳み式で、ライトセーバーを起動した直後に展開し、通常のダブルブレードと同じものになる

という感じです。

©Lucasfilm
©Lucasfilm

この手の新しい要素をみせるということは、やはりビジョンの一部ではなく、これは現実の出来事なのかな?

はたしていったいどうなってしまうのか…。

というか、これ三部作のラストだよね。レイがダークサイドに転向したら、絶対時間足りなさそう。

ただやっぱりEP9の期待度というか盛り上がりは別格だね。それを痛感した。

『ザ・マンダロリアン』もかっこいいけど、やはり三部作本編はフォースユーザーがストーリーの根幹にあるだけあって、こちらの関心度は段違いだ。

公式ポスター

公式のティーザーポスターも公開されています。

©Lucasfilm

バックの皇帝パルパティーンの存在感が凄い!やはりEP9のストーリーにはパルパティーンが大きく関わってくるかもしれない。

ちなみにキャストのインタビューでも、今作のストーリーにはパルパティーンがいかに必要不可欠であるかが語られています。

Source: BespinBulletin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。