『ザ・マンダロリアン』ジョン・ファヴローはすでにシーズン2の脚本に着手、プリプロダクションもスタート

いまだトレイラー映像すら公開されていないスター・ウォーズの実写テレビドラマ『ザ・マンダロリアン』(2019年11月リリース予定)ですが、制作自体は順調ですでにシーズン2の制作がスタートされているもようです。

製作総指揮を務めるジョン・ファヴロー監督は現在、『ライオン・キング』のプレスツアーをおこなっており、その中で『ザ・マンダロリアン』の制作についても話が及んでいます。監督によると、すでにシーズン2の脚本を書いている段階のようです。

私はこのところずっとディズニーと関わっているのだが、幸いディズニーがしていることと自分が好きなものは共通している。私はザ・マンダロリアンのようなスターウォーズのテレビドラマをずっとやりたくて、それをディズニーに提案したとき、彼らはとてもオープンだった。

実は、採用が決定する前に私はすでに4エピソードを書いていたんだ。なんせ自分もファンだから、それがいったいどういうストーリーになるのか興味があったし、自分がやろうとしていることを彼らも興味を示してくれるか知りたくてワクワクしていたからね。そして実際彼らも興味をもってくれた。実はね、今日もここへ来る前に私はシーズン2の話を書いていたんだよ。

ジョン・ファヴローもかなり楽しんでいるようですね。これはかなり期待できそうだ。

©Lucasfilm

気になるトレイラー映像ですが、来月の8月23日から開催されるディズニーの「D23エキスポ」にてザ・マンダロリアンのプロモーションがおこなわれることが告知されており、トレイラーも同イベントにて初公開されることになりそうです。

プリプロダクション

さらに脚本に加え、すでにシーズン2のプリプロダクションに入っているとのこと。監督は本作の撮影で使用される最新技術とプロセスについて次のように説明します。

ザ・マンダロリアンは実写作品の制作のため、Epicのゲームエンジンを使用し、インカメラ・ビジュアル・エフェクトをリアルタイムでおこなう。ザ・マンダロリアンの撮影現場に来てみれば分かるが、ステージはビデオ・ウォールで囲まれ、その前面ではキャラクターを撮影する。そして、バックグラウンドはParallaxで、たいていはブルースクリーンかフルデジタルのセット拡張だ。カメラの位置データがバックグラウンドに伝わることから、トランスライトに視点があるような感じだ。そうやって環境が作られている。

デジタル上でそれを作り上げ、十分なプランニングをおこないさえすれば、ゲームエンジンを使用したエフェクト作成もテレビのシーズンに間に合うタイムスケジュールで終わらせることができる。

…とのことです。というか、難しすぎてさっぱり分からん。

どうやらジョン・ファヴローの説明によると、これを実現するためには事前に念入りな計画を立てる必要があり、そのためプリプロダクションのフェーズは非常に重要になると話します。

それらを実現するためにザ・マンダロリアンのプリプロダクションではv-cam技術を使う必要があり、そうして自分たちが見るべきものをまさに知ることができる。現在はシーズン2に入っているのだが、もし今セットを訪れればライオン・キングの現場とほとんど同じように見えるはずだ。そうやって事前にどうやって撮影するのかをプランニングしてるんだよ。

COLLIDERの記事での説明を総合すると、このプリプロダクションのフェーズのおかげで作品完成に必要なビジュアルエフェクトをスケジュール通り終わらせることができるとのこと。

シーズン2の脚本はまだ書き終わっておらず、役者も現場にはいないものの、セットではチームがすでにプリプロダクションの作業に入ってるのはこのような理由があるからです。

©Lucasfilm

ローグ・ワンのプリクエルシリーズ

興味深いのが、『ザ・マンダロリアン』の撮影は全てカリフォルニアにておこなわれており、これまでのスターウォーズがイギリスのパインウッドスタジオで撮影されていたのと大きな違いです。

一方、どうやら情報によると、現在ルーカスフィルムはUKに新スタジオを建設中で、キャシアン・アンドーのプリクエル(2021年公開予定)はそちらの新スタジオで撮影される可能性があるとのこと。

ザ・マンダロリアンの撮影と同様に、こちらの作品でも最新技術をふんだんに盛り込んでくるのかな?

©Lucasfilm

いずれにせよ、「EP9の公開後、スターウォーズの映画製作はいったん休止」との説明があったわけだけど、その代わりスターウォーズはしばらく実写TVに移行し、毎年なんらかの実写作品が公開されることになりそう。

ところで「ディズニー+」は日本でもサービス開始となるのか心配している。『ザ・マンダロリアン』はディズニー+のロンチに合わせて11月からオンエア開始だし、はたしてそのときに日本でも見れる環境にあるのだろうか。

Source: COLLIDER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。