『ジェダイ: フォールン・オーダー』ゲームプレイがついに初公開!で、率直な感想は?


EA PLAYがいよいよ開幕し、スター・ウォーズの新作ゲーム『Star Wars ジェダイ: フォールン・オーダー』のゲームプレイ映像も公開されました。

13分弱のプレイシーンということで、本作の雰囲気をつかむには十分な長さですね。個人的にも期待通りのなかなか良作なゲームといった感想をもちました。

久しぶりのオフラインキャンペーンがメインのSWゲームというだけあり、注目度の高い作品ですが、この分だとかなり期待できそうです。…が、しかし!やはりどうしても気になった点がいくつか見つかってしまった次第です。

以下、プレイ映像を見て思ったことを色々書いていきます。

ライトセーバー

ライトセーバーアクションの挙動やワンヒットキルなど、この辺はかなり高いクオリティだと感じた。アタックやブロックなどアニメーションが多彩で、しかも動きが映画に近いこともあり、単純にプレイしているだけでも面白そう。

自分としては『フォース・アンリーシュド』のライトセーバーがどうしてもバットで殴っているようなガッカリな出来だったので、『フォールン・オーダー』はそうではないことが判明して一安心した次第です。

©EA

正直、ライトセーバーで斬られた敵の切断の有無は自分は全く気にならないです。その辺はどうでもいい。

情報によると、予約特典としてライトセーバーをオレンジ色にするものが用意されているため、ライトセーバーのカスタマイズは間違いなくできる模様です。この辺は心配する必要はなさそう。

フォース能力

はっきり言って、これは違和感があった箇所でもある。短いプレイ映像の中でも、カイロ・レンのフリーズ、ベイダーのセーバースローなど、そのパワーをいかんなく発揮していた主人公、カル。

「こいつ本当にパダワンか!?」っていうのが正直な感想です。

公式情報によると、正確には「フォース・スロウ」(人またはオブジェクトをスローダウンさせる)に該当し、ライトサイドに身を置くカルはフォースを操作することによって、フォースプッシュとフォースプルの中間の領域効果を作り出しているとのこと。つまり、『フォースの覚醒』でカイロ・レンが見せたものとは別のフォース能力のようです。

©EA

EP1~EP8までに登場したアクションをこれでもかと披露してくれたパダワン。まあ、ついつい主人公が強くなりすぎてしまうというのは、ゲームあるあるですね。

プレゼン映像がゲーム序盤のものなのか、それとも中盤辺りなのかは不明ですが、少なくともこのパダワンすでに強すぎですわ。特にフリーズ能力はカイロ・レンのイメージが強かっただけに、この無名の新キャラがバンバン連発しているのを見てさすがに興ざめした。

自分の中では限りなく非正史に近い、透明なカノン領域に落ちつつあります。Respawnさん、すまん。

うーん、やはり基本的には『フォース・アンリーシュド』系のOPキャラがどんどん敵を倒して進んでいく単純なゲームなのかな?主人公がライトセーバーキャラでなおかつ一本道のゲームだし、ゲーム性は向こうとほとんど同じかもしれない。

©EA

以前の公式説明では、オーダー66を生き延びたパダワンとしてカルが自分に課すルールは「目立たない」だったはず。その他の情報も総合すると、事前に想像していたゲーム性は、

  • フォース
  • 環境オブジェクト
  • バディドロイド

この辺を上手く組み合わせたステルス系アクションなのかと勝手に想像していた次第です。どうやらそうではなく、従来型の単純なアクションゲーム、つまり方向性としては『フォース・アンリーシュド』を今風にした作品、という印象です。

ただひとつ気になったのが、中ボスに対してはフォーススキルは一切通じない様子で、強敵相手にはライトセーバーオンリーのバトルになるのかな?そうなると、フォースパワーは基本的にはザコ敵を処理するためのもの?

いずれにせよ、主人公に多彩なフォース能力が用意されているというのは、プレイする分には楽しいし、ゲームの面白さを削ぐことにはならないけど。

フォース能力やスキルツリーなど、この辺については続報を待ちたいところ。

ブラスターの弾速

ブラスターのスピード…。正直あれ見てをガッカリしてしまった。さすがにちょっと遅すぎるだろ!

やはり主人公のフリーズ能力との兼ね合いなのかな?『バトルフロントII』(SWBFII)のようなブラスター表現はたしかに映画の再現度は凄いけど、あの中でカイロ・レンの弾止めを実現しようとなると難しいだろうし。

©EA

昔のジェダイ・ナイトシリーズのときもそうだったのだけど、楽しみの半分は敵のブラスターをバンバン弾くところなんですよね。2年前に発売された『バトルフロントII』のクオリティが高すぎたせいか、どうしても『フォールン・オーダー』の弾の遅さが気になってしまった。

あとそれプラス、AIの挙動もSWBFIIほど洗練されていないように思える。これイージーモードでプレイしてるの?っていうくらいストームトルーパーの動きが単純すぎる。いや、もしかするとプレゼンテーションだし本当にイージーモードだったのかもしれないけど。

でもまだアルファビルドの段階だしね。11月の発売までには完成度は上がっているかもしれない、と期待しておこう。

こんな感じかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。