コミックシリーズ『Star Wars: Age of Resistance』カバーとストーリー概要が公開

マーベルコミックから連載中の「Star Wars: Age of ~」シリーズですが、9月からリリース予定のレジスタンス編のカバーとストーリー概要が披露されています。

スノークにスポットを当てた貴重な作品ということで、スノークの回は要チェックとなりそう。

さらに気になるのがカイロ・レンのエピソードで、どうやら公式ウェブサイトの説明によると、「ダークサイドの弟子としてのカイロ・レンの最初の日々」が明らかになるとされ、これはなかなか楽しみな内容となりそう。

Star Wars: Age of Resistance

ローズ・ティコ

“My Hero”(私のヒーロー) – 9月4日発売

姉妹。友達。副操縦士。ローズとペイジは共に育ち、ふたりにとってはお互いが全てだった。ファースト・オーダーがふたりの世界を引き裂くまでは。

やがて永遠に失われてしまうローズとペイジの絆を目撃する。

©Lucasfilm

最高指導者スノーク

“The Devil’s Apprentice!”(悪魔の弟子) – 9月11日発売

カイロ・レンに対する最高指導者スノークの容赦ない修行が始まる。サディスティックなスノークは、苦しみ悩むその心を破壊してしまうのだろうか?それとも彼はハンとレイアの息子を見くびっているのだろうか?

©Lucasfilm

レイ

“Search for Skywalker”(スカイウォーカーを探して) – 9月18日

ハン亡き後、レイはルーク・スカイウォーカーを探すべく旅立つのだが、しかしその前に、いまだ語られたことのないレイとレイアのひとときがあった。レイ、チューバッカ、R2-D2はレイアの失われた兄を探す旅で、はたしていったい何に出会うのだろうか?

©Lucasfilm

カイロ・レン

“A Dynasty of Doom”(破滅の王朝) – 9月25日

アナキン・スカイウォーカーは大きな闇を投げかけた。はたしてカイロ・レンは祖父の呪縛から逃れることができるのだろうか?それともダース・ベイダーが果たせなかったことを成し遂げるのだろうか?

©Lucasfilm

Source: starwars

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。