オールド・リパブリック時代のスターウォーズ映画、噂が急浮上 – というか正直な話、見たい?


いやー、急に暑くなりましたね。自分はというと、最近めっきり記事を書く気力が減退してきて、怠けがちになっている次第。これじゃいかんなと思い、今週のニュースを振り返ります。

なにやらBuzzfeed Newsの記事によると、ゲーム『Knights of the Old Republic』(KOTOR)を題材にした映画プロジェクトが進行中で、情報筋によれば脚本を担当するのはレータ・カログリディス、しかも映画三部作の最初の脚本も間もなく完成するとのこと。

Buzzfeed Newsの過去のスクープ記事が正しかったためしはないようなのですが、まあそれはさて置き、これが本当であればかなりビッグなニュースですね。

どうもBuzzfeed Newsのニュアンスとしては、本シリーズはベニオフ&ワイスとライアン・ジョンソンのトリロジーとも別のプロジェクトであるようです。となると、未発表のトリロジー映画のプロジェクトがさらにもうひとつ控えていて、しかも第一作目の脚本もすでに完成間近という段階にあることを意味します。

これは果たして本当なのか…。

先日、2022年以降の映画公開のスケジュールも発表されたことはまだ記憶に新しいですね。しかし、これについてはどうやら「公表されたロードマップは完全版ではなく、まだ未発表のプロジェクトも存在する」(MSWの情報筋)らしく、それを考量すると、今回のニュースがそのプロジェクトに該当する可能性はありそうです。

また、SWNNも情報源から「オールド・リパブリックを舞台とした作品が計画中」との話を得ているとのことで、このようにKOTORの映画作品を匂わす噂は複数存在しています。

となると、今回のニュースは意外とマジのスクープ記事だったりするのかも。

期待度

というかね、実際の話、スターウォーズのファンでもあまりこの時代のこと知らないと思うんですよね。正直、自分は全く知らなくて、ゲームのトレイラー映像(TOR)を見ただけだし「ライトセーバーがたくさん登場するなー」くらいの知識しかない。

KOTORってMMORPGだし、日本人でプレイしたことある人はなおさら少ない気がする。自分もSteamバンドルで購入したときに本作も含まれていたのだけど、全く興味すらわかなかった。

一応、ゲームのトレイラー(TOR)はこんな感じ。

結構カッコよかったりする。でも、実際のゲームはこういう系じゃないからね(笑)今風のリアルアクションゲームに慣れたゲーマーは、間違いなく物足りなさを感じそう。

まあでも根本的な話をすると、自分はあまりこの手の「ライトセーバーが前面に出てくる作品」は好きじゃなかったりするわけですよ。プリクエルがつまらなかったという苦い思い出のせいか、どうもあの経験から「スターウォーズはむしろブラスターメインの冒険活劇にして、フォースユーザーは味方と敵に一人ずつくらいのバランスがちょうど良い」と思っているわけ。

だから、オールド・リパブリックを舞台とした映画と聞いても、まだ「そっかー」くらいの感想しかない。

一応、ポジティブなことも書いておくと、自分はディズニー以降のスターウォーズ映画は全部楽しめているので、そういう意味では期待している。プリクエルの嫌な思い出を、さらなるプリクエルで払拭してほしいという願いもある。

まあそんな感じかな。

Source: BuzzFeed News


4 thoughts on “オールド・リパブリック時代のスターウォーズ映画、噂が急浮上 – というか正直な話、見たい?

    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      言われてみればたしかにそうだ。でもオールド・リパブリックってだいたいこんな感じですよね?まあ仮に映画化されても単に舞台設定がオールド・リパブリックなだけで、カノン版は全く別なものになるだろうけど。

      返信
    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      たしかにスターウォーズの実写映画となるのと、見ないって選択肢はないですね。見るに決まってるやん!って感じで。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。