噂『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』最終決戦とカイロ・レンの結末


※記事には映画の重要なネタバレが含まれている可能性があります

数日前に『スター・ウォーズ / ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』の危ないリークが出てるから気を付けろと言ったばかりなのに。すみません、今回の記事では真逆のことを書いていきます。

まあ、まだ4月だから、あまり神経質になっても仕方ないし。リーク情報といっても単なる噂程度のものとして受け取るくらいがちょうど良いかもしれませんね。

ちなみに、MSWの過去のリーク情報も全ての情報が正しいわけではなく、実際の映画の内容とはかけ離れたものも結構ありました。例えば、EP8の「オクトーにてレン騎士団との決闘」、ハン・ソロの序盤のストーリーリークなど、リーク情報が必ずしも正しいわけではありません。

そのため、現時点ではあまり神経質になる必要はないかもしれません。「こんな噂もあるのかー」程度で聞いておく感じでいいのではないしょうか。

最終決戦

情報元となるMSWは「情報の裏付けは済んでいない」とし、今回の情報についても話半分でいいかもしれません。

情報源は数年間に渡って信頼できる情報を提供している人物。しかし、今回の内容についてはまだ証拠はなく、情報の裏付けは済んでいない。そのため単なる噂程度に受け止めておくべきだ。

ちなみに今回の情報の核ともなるマット・スミスですが、どうやら最新情報によると今作のメインキャストにマット・スミスがいるのは間違いないようです。

ディズニー・インターナショナルの公式ウェブサイトによると、複数の国のサイトでマット・スミスの名前が出演者一覧の中に収録されており、マット・スミスがキャストメンバーにいることは確定したと言っていいでしょう。

※以下、映画のネタバレが含まれている可能性があります


というわけで、EP9の最終バトルは以下の内容です。

  • マット・スミスのキャラクターはダークサイドのアコライト(従者)。復活したパルパティーンではなく、生まれ変わりでもない。
  • 『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』でマット・スミスは自ら望んで皇帝パルパティーンの魂に取りつかれる。
  • 映画の終盤、レイとカイロ・レンはタッグを組み、パルパティーンに取りつかれたマット・スミスと戦う。
  • 2vs1の激しい戦闘が繰り広げられる。
  • 最終的にカイロ・レンはパルパティーンの宿主(マット・スミス)を殺す。
  • そのときパルパティーンの魂がカイロ・レンの身体に移り、憑依する。
  • しかしカイロ・レンは持ち前の強さで抵抗し、精神までは支配されることはない。
  • カイロ・レンは肉体の自由を取り戻そうと必死に抵抗する。やがてそれをなんとか抑え込み、武器を捨て、レイに自分を殺すよう懇願する。
  • カイロ・レンはパルパティーンを倒すために自らを犠牲にする。このとき彼は再びベン・ソロに戻った。
  • パルパティーンが憑依するための宿主は邪悪な存在である必要がある。レイはダークサイドとは無縁のため標的にはならない。

…これはマジなのか?

まあ結局の所、本当かどうかの確認は12月まで待たなければいけないわけですが。

ただ、カイロ・レンのラストシーンとしてはこれが一番自然だし、しっくりくる流れではないでしょうか。ライトサイドに簡単に転向するのはさすがにイージー過ぎるし、かと言ってダークサイドのまま終わっていくのも「スカイウォーカーサーガの最終章」には相応しくない。そうなると、やはりこの流れがカイロ・レンにとって最も説得力のある結末になるのかもしれません。

©Lucasfilm

しかし、どうもこの「カイロ・レンの最期」についてはなんらかのトリックがあり、もうひとつサプライズが残されていそうな予感がしますが。これについては後述します。

パルパティーンの魂

死後の世界に関してですが、ライトサイドとダークサイドではある種の違いが存在するようです。

例えば、ライトサイドはフォースと共にひとつとなり、いわゆる「フォースゴースト」に昇華する一方、ダークサイドはそれとは異なり具体的な物(シスのアーティファクトなど)にその魂が残ると考えられています。

そのためダークサイドの従者にとって、シス卿のマスクやライトセーバーが信仰上の意味をもちます。このことは小説『アフターマス』でも扱われています。

さらに一点付け加えると、昨年連載されていたベイダーのコミックに「モミン卿のマスク」が登場し、この呪われたマスクが実際に帝国兵士の身体に憑依する場面が描かれています。

©Lucasfilm

というわけで過去の内容もふまえると、ダークサイドの残存魂がなんらかの意思をもち他者の身体に憑依するというのは、それ自体はそれほど突飛な内容ではないことが分かります。

ベン・ソロの運命

自分の予想としては、EP9のクライマックスはカイロ・レンのリデンプションで間違いないと読んでいたわけですが、ただそれでもあまり簡単なライトサイド転向ルートはないだろうと考えていた次第です。

基本はダークサイドの騎士だが、なにか事情があってレイと手を組む。そして最終的に自らを犠牲にし、過去の負の遺産を葬り去る…。

©Lucasfilm

ベン・ソロにとってはこんな感じが一番綺麗なラストではないでしょうか。

ただですね、自分としてはどうしてもベンが死ぬとは思えません。KK社長は今作を一言で表すと「希望」と説明していたわけですが、ベンが死ぬ流れはハッピーエンドの雰囲気とは少し離れるような気がしてなりません。

そうなると、どうもこの辺にはひとつ仕掛けがあって、「カイロ・レンは死ぬ。代わりにベン・ソロが復活する」という流れになるような予感がします。まあ、もちろん根拠はなく単なる直観ですが。

例えば、

ルークがレイアをサポートし、ふたりの強力なフォースによってベンが蘇生される。力を使い果たしたレイアはフォースと共にひとつとなる。残されたベンは新生スカイウォーカーとして新たな人生を歩んでいく…。

©Lucasfilm

もしかしてこんな感じか?これだとタイトルの『The Rise of Skywalker』に綺麗につながります。

まあベンの復活はさて置き、一応カノンをさかのぼってみても、アニメ『クローンウォーズ』にて一度死んだアソーカが蘇生されたことがあります。(モーティスのエピソード)

というわけで、死んだキャラクターの蘇生自体は過去に前例があり、すでに描かれています。

マット・スミス

アコライツ・オブ・ザ・ビヨンド

マット・スミスが演じるキャラクターは「ダークサイドのアコライト(従者)」とのことで、小説『アフターマス』に登場したアコライツ・オブ・ザ・ビヨンド(Acolytes of the Beyond、以下アコライト)が思い出されます。

以前の記事でこのアコライトが後にレン騎士団に発展したのでは?と予想していたのですが、今回の情報をふまえると、両者は別々の組織なのでしょうか。

噂:『スター・ウォーズ エピソード9』レン騎士団と新たな脅威 – カイロ・レンのストーリーとの関係

一応簡単に予想してみると、

帝国の残党とそれをサポートする政治家の主流がスノーク一派で、ファーストオーダーの幹部も亡き皇帝の過ちを認め、過去の帝国とは決別をはかった。

一方、依然として皇帝パルパティーンを信奉する勢力も密かに存在し、スノークが去りカイロ・レンが王座についたことで、この機に乗じてアコライトがファーストオーダーの乗っ取りを実行に移す…。

と、こんな感じでしょうか。

スノークの弟子

ちなみに、誰も覚えていないはっきり言って完全に忘れ去られた情報なのですが、「オフィシャル・コレクターズ・エディション」によると、スノークはもうひとり弟子を育てていたとの記載があり、これがマット・スミスのキャラクターに関係してくる可能性があります。

スノークの弟子、カイロ・レン以外にも存在

どうやらMSWの予想も「スノークの隠れ弟子」がマット・スミスに関連しているものとにらんでいるようです。

この線だとすると、元々スノークに鍛えられていたフォースセンシティブがカイロ・レン以外にも存在し、その弟子が今作ではパルパティーンに肉体を差し出し、ある意味、ふたりが融合するとのシナリオになります。

そうなると対立軸としては、

序盤: レイvsカイロ・レンとレン騎士団
中盤: カイロ・レンとレン騎士団vsマット・スミス(パルパティーン)
終盤: レイとカイロ・レンvsマット・スミス(パルパティーン)

こんな感じかな?

いずれにせよ、2vs1の激しい決闘となると、どこかEP1のダース・モール戦を彷彿とさせます。

©Lucasfilm

パルパティーンに憑依されたダークサイドの使い手だけあって、三部作最後のラストバトル、レイとカイロ・レンの相手としては申し分ないです。最終決戦ではダークサイドのパワーが思う存分披露されることが期待でき、このバトルシーンの映像はとんでもないことが起きそうな予感がします。これは間違いなく今作最大の見せ場になるかも。

Source: MSW


2 thoughts on “噂『ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』最終決戦とカイロ・レンの結末

  1. 匿名

    公式トレーラーで皇帝の存在が示唆された途端にこのリーク?はあまりにも都合が良すぎるというか(笑)
    逆にあのトレーラーより前から、あのレン騎士団が登場するらしい噂と一緒に皇帝との戦いもリークされていたら信じてしまいそうな内容ですね。

    返信
    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      MSWは本当にスタジオ内部に情報源がいるようなので、もしかすると空気読んでパルパティーンのことはセレブレーションまで黙っていた可能性もありそう。ただまあたしかに、タイミングが良すぎる…って感じはしますね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。