『スターウォーズ エピソード9』C-3POのメモリーが鍵?EP2のあれが重要になりそうな予感


最近浮上した『スターウォーズ エピソード9』のリーク情報をもとに少し考えます。というわけで、今まで何度も書いていますが今回も一応…

※記事は映画のネタバレを含む可能性があります

これまでの噂やリーク情報によれば、今作ではC-3POの存在感がひときわ大きいとのことで、それを示すかのように、先日のリーク画像でもチューイのボウキャスター片手にポーズを取っていました。

さらに、C-3POがEP9のストーリープロットにも大きく関わってくることも以前からささやかれており、このことについて背景状況が少し明らかになっています。

C-3POのメモリー

MSWは情報源から聞いた話として、以下の内容を伝えています。

  • 雪が降る惑星にドロイド・ファクトリーが存在し、主人公たちはこの工場を訪れる。
  • 雪の惑星にて、C-3POは嫌々ながらも自身のメモリーをR2-D2にアップロードする。これがR2に面白い不具合を引き起こす。
  • 以前からレポートされ、リークポスターにも載っていた”ランボーC-3PO”はこのことに関係している可能性がある。
  • 工場のシーンにて新ドロイド「D.O.」が登場し、彼の助けが必要となる。どうやらこのドロイドはケリー・ラッセルのキャラクターと関係しているものと思われる。
  • この工場には”Bad Robot”(J.J.エイブラムスのスタジオ名)、バトルドロイド、ジョン・ウィリアムズの曲に関係するものなど、様々なイースターエッグが存在する。
  • 雪の惑星で主人公たちは紫とゴールドの衣装のキャラクター(おそらくケリー・ラッセル)に助けられる。

…ということです。

「C-3POのメモリーをR2-D2にアップロードする」

このシーンについては予想も交えると、おそらく3POの記憶をいったんR2に移して、3PO自体はなにか別のプログラムをロードする。その結果、3POが少しバトルドロイドっぽくなってしまう…?まあ勝手な想像ですが、個人的にはこのような流れが頭に浮かびました。

いずれにせよ、この一連のシークエンスはEP2のあの場面を思い出させますね。可能性としては、あのときにC-3POはドロイド軍に関するなんらかの情報をシェアしていて、メモリーに残っているその記録情報が、EP9のプロットに関係してくるように思えて仕方がないです。

©Lucasfilm

そしてある場面で3POが再びランボー化する!とこんな感じでしょうか。

ケリー・ラッセル

先日のリーク画像によると、紫とゴールド衣装のキャラクター名は「Zorii」とのことで、おそらくこれがケリー・ラッセルが演じるとされるバウンティハンターで間違いないと思われます。

©Lucasfilm

©Lucasfilm

以前にも取り上げた”マクガフィン”ですが、やはりそれ絡みの新キャラクターということになりそうです。

『スター・ウォーズ エピソード9』のマクガフィンとは? – その他多数のリーク情報が浮上!

C-3POのメモリーがなんらかの形でマクガフィンに関連していて、そのために主人公たちはドロイド・ファクトリーを訪れる。そこでケリー・ラッセルのZoriiに助けられ、その後、このバウンティハンターは味方として道中を共にする、あるいはいったん姿を消すがその後もちょくちょく姿をみせてくる。

…と、こんな感じの展開を想像しています。

Zoriiのコスチュームですが、ビジュアル的にはなかなか良いですね。個人的には結構好きです。ただ、ケリー・ラッセルが演じるだけあって、やはりどこかの時点でヘルメットを脱ぐ流れになるのでしょうか?

ヘルメットを取ってみると、実はルークの元弟子、あるいは関係者だったことが判明する!?なんてね、さすがにこれは考えすぎかな。

Source: MSW


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。