「レイの両親」はEP7から同じ、EP8で変更されたわけではないって話


去年の9月のことなのですが、監督の過去の発言を振り返り、スター・ウォーズ続三部作(EP7~EP9)のプランが事前にどれだけあったのかを考える、という記事を書きました。

スター・ウォーズ続三部作の構想 – 監督の過去の発言から考える

そのときに、レイの両親については別記事で扱うと言って以来、そのまま半年以上も過ぎてしまった次第です…。来週にはSWセレブレーションも開催ということで、それまでに未消化記事をさっさと書いて終わらせていこうと思います。

まあ、あまり難しく考えてもあれなんでね。レイの設定について経緯を確認するという意義もあるし、言いたいことをサクッとまとめて終わりにすることにします。

デイジー・リドリー

まず、レイ役のデイジー・リドリー本人の過去の発言ですが、それを聞く限り、両親の設定は当初から一貫して同じで、EP7からEP8を経ても変更はなかったようです。

レイの過去はずっと同じだ。私は過去が何なのか知っているし、それはこれまで変わっていない。常に同じものだった。

だけど未来は?今私がしているのは8なのだけど、9のことも考えている。それでライアンが何か知っているかもしれないと思って、彼に聞いているんだけど、私には答えてくれなかった。だから今はひとつのことだけに集中したほうがいいと考えるようにした。

デイジー・リドリー、2016年7月、Total Film Magazineより

上記はEP8を撮影している最中の発言ですが、それによるとレイの過去はずっと同じ設定であったことが分かります。

また、最後のジェダイのプロモーションの頃の発言をみても、デイジー・リドリーは「両親の設定については2年前から知っていた」と繰り返し説明しており、言い換えると、EP8で披露された設定はEP7からの既定路線であったことが分かります。

ちなみに、以下はローリングストーン誌から引用です。

世界中の人たちの中で唯一、リドリーはレイの両親が誰なのかをもう何年も前から知っている。フォースの覚醒の撮影セットで、エイブラムスが彼女にそれを教えていたからだ。リドリーによると、なにも変更はなかったようだ。「一番最初のときだと思うのだけど、私はそれが何なのかを教えてもらった。」

これは少し奇妙な話だ。なぜなら、ジョンソンはこの答えについては一切の自由が与えられたと主張しているからだ。「それがどうなるべきか、私は一切の指示を受けていない。彼女はこれだとか、あれだとか、そういった情報が与えられたことはない」と彼は話す。

2017年11月29日、ローリングストーン誌より

このようにデイジー本人は一貫して「両親のことはずっと知っていた」と話しています。

ただ、一方のライアン・ジョンソン監督が「脚本を書くにあたって、完全な自由を与えられた」「指示は受けていない」と発言していることから、どうしてもそこから憶測が一人歩きし、EP7の設定が破棄され現在のEP8のものとなったと噂されているようです。

©Lucasfilm

この辺の矛盾についてはCOLLIDERでも分析されており、自分としても同意見なのですが、

  • JJの過去の発言から、両監督が話し合っていたことは明らか。
  • 道筋については、ライアン・ジョンソンが思う以上にJJの影響があったはず。
  • レイの両親に関して、JJのアイデアを強制したことはないが、ふたりがある時点でそのことを話し合っていたのは容易に想像がつく。

…とまあ、こんな感じではないでしょうかね。

いずれにせよ、デイジー本人は両親の設定に変更はなかったと話しているため、この点については疑う余地はないと思われます。

デイジー・リドリーの昔の発言を思い返すと、「なぜこれが話題になるのか理解できない」「フォースの覚醒を見る限り、それは明らかだ」と色々話していたわけですが、今こうしてEP8の内容をふまえてみると、それらの発言もなんら不思議ではない、腑に落ちる感じがします。

親不在の環境

最後にもうひとつだけ追加で。

EP7の編集を担当したメリアン・ブランドンもレイの両親について話していたことがあり、個人的にはこの話もなかなか面白いと思った次第です。

えっとね、みんなには正直に話すけど、私は本当にレイの両親が誰なのか知らないの。彼らがそれを知っているのかすら定かではない。J.Jは全く話さないから、彼がそれを知っているのかどうかも私には分からない。ラリー・カスダンも話すことはない。この話題は行ったり来たりしてるみたいだけど、私たちはそれについて話すことは本当に全くなかった。

そういえば、あるとき友達のひとりが「これは絶対ルークに違いない」と言ったことがあった。マズが城の中で、このライトセーバーはルークのもので、その前は彼の父親のものだと言ったでしょ。つまりその次は彼女だというわけ。それを聞いて私は「なるほど、それは考え付かなかったな…」となった。つまりね、あなた同様に私も分からないの。

メリアン・ブランドン(共同編集者)、2016年5月

結局、編集担当者ですらもレイの出自について明かされておらず、知っていたのはJJやカスダンなど、ごく限られたメンバーだけが把握していた模様です。

ただこの点についても、当時であれば「それほど重要なのか…」となりそうですが、今にして思うとさほど重大事ではなく、制作内部のコアのメンバー内でも特に話題にならなかったテーマなのでは?と少しうがった見方もできます。

ここから先は自分の勝手な推測ですが、元々、レイの出自については大きなプロット要素はなく、それほどストーリー展開に大きく関わってくるものではなかったような気がします。

ハン・ソロと同様に、レイも親が不在の環境で育ち、やがて自由を求めて故郷を旅立つ。少なくともEP7の製作段階では、こういったシンプルな流れを想定していたのではないでしょうか。『フォースの覚醒』と『ハン・ソロ』はカスダン脚本ということもあり、ふたりの背景がパラレルになっているように思えて仕方がないです。

©Lucasfilm

「こんなに緑が広がる世界があるなんて知らなかった」

目を輝かせるレイの中に、ハンは自分の若い頃の姿を重ねた。レイがこれから経験するであろう冒険や挫折。そういったものがハンの頭をよぎり、レイに少し肩入れしたくなったのでは?…と、『ハン・ソロ』公開後、EP7のあの場面をそのような目線で見てしまった次第です。

Source: swinfoground


12 thoughts on “「レイの両親」はEP7から同じ、EP8で変更されたわけではないって話

  1. 匿名

    レイの両親が誰かはどうでもいいよね派です。ある意味呪われたスカイウォーカー家のサーガは一旦幕を下ろしてもいいでしょう。結局選ばれし血筋のものしか活躍できないのなら、世界が狭くなっちゃいますよね。今あえてノベライズのep1~3を読んでるんですが、映像で端折られた描写が補完されていて面白いですね。元々アナキン好きだったんですが、より好きになりました。

    返信
    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      デイブ・フィローニが「スモール・ギャラクシー・シンドローム」なる言葉を使って、皆がどこかで繋がっているというのはつまらなくなるだけだと言ってたけど。本当に同感で、そういうのって世界観が狭まるだけなんですよね。

      そういえばEP3のノベライズって凄く評判良いですね。自分はEP1の小説しか読んだことないけど、EP3も一度見てみようかな。

      返信
  2. インドアの月の不潔星人

    はじめまして。過去の記事も読ませていただきました。
    いきなり何コイツ!って思われちゃうかもしれませんが、これらの記事の話は破綻していると思います。
    まずはJJがEP8~9の筋書きを書いていたかどうか。これに関しては考察のとおりだと思いますし、それに関する話も出てきています。

    問題なのはライアンがそれをどうしたかどうか。
    これに関してはEP8”公開後”の関係者の話をしっかりと追う必要があります。こちらの記事でもソースにしているサイトにまとめられていますね。・・・少なくとも、私はそれらとこの後のデイジーの話を読んで、使っていない派(笑)の立場をとることにしました。
    そのデイジーの話というのは、ざっくり言ってしまえばJJがEP8~9の筋書きを作っていたこと、ライアンはそれ使ってないと思う、といったものです。逆にライアンはそういった筋書きについて、スターウォーズに参加したときに今後の話の内容が載ってるホワイトボードは見てないとも話していますので、素直に捉えるのであればデイジーと矛盾していますね。しかし筋書きがあろうがなかろうが関係ねぇ!って流れだったことはわかるんじゃないかと。

    管理人さんが書かれた話は面白かったですし、よく調べられているなぁとも感じましたが、偶然にもEP8公開前の話だけで構成されていました。今もEP9公開前ですが、EP9関係者が話す内容は”内容がありそうでない”ものばかりです。EP7のときも8のときも、少なくともファンが不安になったり失望したりするようなハッキリとした方向性の提示や話はありませんでした。(EP7のころはオリジナル三部作ファンを重視してプリクエル下げしてたので一部ファンは失望したかもしれません)
    しかし公開後はスタッフも映画の内容に踏み込んで意見を述べていますよね。すべてが真意であり真実であるとは思いませんが、公開前のふわーっとした話よりかは具体性があって、公開前の期待を煽るような宣伝感も薄れるのでいくらか参考にはなると思っています。

    ・・・長くなっちゃいましたね。私は今の製作体制は好きになれないのでついつい吐き出してしまいました。
    もうすぐEP9の情報が公開されそうですが、EP8を経てJJが再構築する今回のスターウォーズ、どうなるのか楽しみですね。

    返信
    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      インドアさんが一番伝えたい部分はおそらくライアン・ジョンソンの箇所?でもRJが「脚本を書くにあたり完全な自由を得た」と発言しているのはEP8公開前の話ですよ。

      まあ、ライアン・ジョンソンがどれだけ新規の内容を盛り込んだか、結局の所、現段階ではまだ誰にもわかりませんが。JJが最新インタビューで「元々グランドプランがあったわけではない」と説明しているし、やはり細かい部分は決めてなかったんじゃないかな。あくまで大枠は検討していただけで、実際にJJがEP8のスクリプトを書く作業に入っていたとしても変わっただろうし。だから、RJが誰にも縛られずに書いたというのは、本当のことを言ってると思います。

      ただポイントはそこではなくて、要はレイの両親に関しては変わっていないということです。本人がずっと同じと一貫して話しているので、多分そうだと思いますよ。

      デイジー・リドリーが「RJはJJの草案を全く使っていないと思う」と、そのような発言をしていたことがあるけど、それについては話半分に聞いたほうがいいですよ。たしかフランスでの発言だったと思うけど、あれって映画全体の流れのことだろうし、単なるデイジーの推測の話ですよ。しかも、フランス語から英語と翻訳を経てるから厳密にはニュアンスが違う可能性もあるし。

      役者が事前に次回作の脚本案読むなんてこと普通はないし、ジョン・ボイエガは少なくとも去年の3月の頃でもEP9の脚本内容知らなかった。せいぜい自分のキャラクターに関することだけ少し教えてもらう位じゃないかな。

      記事でも書いたけど、デイジー・リドリーはレイの将来のことすら知らなかったわけですよね。JJのEP8~9の案なんて読んだことないと思うけど。というか、RJがEP8の脚本書いてたのってEP7の撮影中ですよ。その前にデイジーがどこかでJJの次回作の内容を読んだ…?そんなことってあり得ますかね??デイジーはSNLのアフターパーティーでコリン・トレボロウからEP9の内容聞かされて泣いたことがあったけど、レイの将来の内容知ったのは多分あのときが初めてだと思いますよ。

      繰り返しになるけど、レイの両親設定はやはり同じだと思います。ライアン・ジョンソンが完全に自由に設定したか、あるいはJJの軽いインプットがあったのか、それはさておき、設定自体は同じだったというのが本当じゃないですかね。あと、アダム・ドライバーがカイロ・レンのストーリーの向かう先はずっと前から知らされていた、と発言しているので、カイロ・レンのほうもRJの脚本を経た後もJJのプランからは外れてないっぽいです。

      ところで、コメントありがとうございます!自分にとっては意見の違いなんてどうでもいいんですよ。それよりも他のファンの人の感想が聞けるのが面白いです。ここでは好きなだけ吐き出していいですよ。

      返信
      1. インドアの月の不潔星人

        返信ありがとうございます。うまく伝わらなかったみたいで残念です。
        コメントで映画公開後の話に触れてくれましたが、それらを盛り込むと書いてある考察が破綻しませんか?ということが言いたかったのです。主に”スター・ウォーズ続三部作の構想 – 監督の過去の発言から考える”の内容だったり、他の様々な記事の考察コメントだったり・・。

        映画公開後のライアンやデイジーの話は話半分程度のこれといって重要ではない話扱いで、映画公開前の話はとっても重要扱い。おかしくないですかね?

        だからあえて”EP8公開前”の情報だけ引っ張ってきて、主張をしているのであればそれはそれでいいのですけど、それではちゃんと情報を追っている人からは賛同は得られないと思います。

        ・・と読んでいて管理人さんの”レイの両親設定はやはり同じだと思います。”の解釈にちょっと困っています。(笑)
        それほど重要視してなさそうなのは過去の記事のコメントを読んで感じていますが、素直にEP8で言われたような、無名の親設定だったってことなんでしょうかね。

        返信
        1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

          インドアさんがいう、公開後のライアン・ジョンソンの話がどの部分を指しているのか分からないので、なんとも言えないです。でも「自由に書いた」云々は公開前の発言ですよね。そんなの公開前にずっと同じこと言ってましたよ。

          あと、RJの「完全に自由に脚本書いた~」と親の話は分けたほうがいいかもしれませんね。脚本書く作業は膨大だし、多分そのことを言ってるような気がする。それにデイジー本人がレイの過去は変わっていないと明言してるわけだし、あえてそれを疑う必要はないんじゃないですかね。

          あとひとつ追加で。デイジー・リドリーの発言ってこれですよね?

          I believe Rian didn’t keep anything from the first draft of Episode VIII.

          これってフランス語のインタビュー記事をTumblrユーザーが英語に再翻訳という流れだから、厳密には本人の意図とは違う可能性もあるし、「私はこう思う~」程度の話として受け取ったほうがいいじゃないですかね?というのも、デイジー・リドリーがJJの草案を読んだことあるわけがないという前提でみんな話を進めているわけですよ。自分もそう思います。もちろん記事にも書いた通り、親の話は聞いたことあるだろうけど。

          返信
        2. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

          考察って言ってみれば単なる推測の側面もあるし、あまりそれ自体を話し合っても堂々巡りになるだけで結論は出ないんですよね。

          「ライアン・ジョンソンが全部自分で書いた」「一部JJとのコラボがあった」

          どちらが本当でもいいんじゃないでしょうか。結局の所、その割合に関しては当人同士しか分からないわけだし。

          もちろんインドアさんがおっしゃる通り、自分が間違ってるかもしれません。それでも全く平気ですよ。別に自分の意見だけに固執するつもりはないし。

          返信
          1. インドアの月の不潔星人

            コメントする場所が悪かったんだと思いますが、レイの両親への私なりの解釈が私のコメントってわけじゃないです。
            あまり後だしでどこがどうだ、とか言いたくはないですがライアンが言っていたのは2017年の12月15日以降の発言ですよ。もちろんそれ以前からも言われていますが、改めてそれに言及し、具体的にどのシーンがどうでと述べているのはすべて公開以降です。
            デイジーの話も出所がおフランスでのインタビューなのは知っていますが、デイジー他の役者たちがJJの草案を知っているはずだ、なんて考えてませんし、知っていても断片的なもの(演じる上で必要な情報だとか)、でもそれとは違うっていう感想が出ている点が面白い部分ですが、そこがじゃあ決定的な何かか、といわれたらそうじゃないですよ。複合的なお話ですから。
            ただ管理人さんのお話だと、その断片的な情報が根拠になっている考察が多いので、EP8で白紙になっている可能性もなきにしろあらずな現状では、その主張はイマイチではという余計なおせっかいです。

            別に考察するなって言いたいわけじゃないんです。管理人さん多くの情報を知っていて、知識もあるんですからそれらを踏まえた上で意見を述べることも出来そうなのに、あえて触れない部分があるのでいろいろもったいないんですよね。結論はどうでもよくて、その過程のお話であって。
            なのでレイの両親がこうである、なんて私は触れてませんしね。どうでもいいんですそこは。最後のジェダイを経た今映画内でも重要なファクターになる要素だとは思えませんし。

            またあさっぱらから長くなってしまいましたが(これでもずいぶん削ったんです)、にしてもかみ合わないですねぇ~(笑)話が平行線をたどりそうなのは私も認識しているので、私からはこの話はもうしないようにしますね。ライアンはレイの両親の話についてつい最近も面白いことをいってましたが、これもどう捉えるかが面白いところじゃないかと感じています。
            JJにはファン(元ファンかも?)におびえた女々しい変更なぞせずに、ライアンがしてくれた大改革を見事に遂行してくれる男気を私は見てみたいものですよ(笑)

          2. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

            自分も今過去の情報をさかのぼっているのですが、ライアン・ジョンソンがいつ「完全な自由」云々の話を言い出したのかは覚えてません。ただ、これは2017年5月31日に書いた記事ですが、そのときにはすでにRJは「何も決まっていなかった」「完全な白紙だった」と説明しています。

            https://starwarz.org/2017/05/rian-johnson-there-was-no-mapped-story-presented/

            なぜインドアさんが公開前と公開後で重要性を分けるのか、自分にはよく理解できないのですが、ライアンの話はそんなの公開前からみんな知っていることだし、自分が書いた記事もそもそもそこを出発点にしているという大前提があります。

            結局、ライアンの言っていることとその他の情報が少し矛盾してるよね?と。いったいどれが本当なのだろうか、と。そこから色々話を推測しているわけです。脚本を自由に書いたか、情報シェアがあったかについてはもちろん単なる予想だし、間違っていてもなんらおかしくありません。

            ただ他にもJJやKKが言ったこととか色々情報はありますが、辞典じゃあるまいし、過去の発言を全て網羅するなんて面倒だし、それよりポイントを絞ったほうが分かりやすいというのもある。そもそもライアン・ジョンソンがEP7撮影中に参加してたのって脚本作りをスムーズに進めるためですよね?だからストーリーグループと話し合ったり、実際にスタジオ入りしてJJと話もしていたわけで。それなのにEP8以降の草案というか、その手の情報が一切インプットされてなかったの?…とどうしても疑ってしまいます。もちろん、これは単なる推測ですよ。

            インドアさん、色々書いてるけど、ライアン・ジョンソンの自由云々の話は自分と同じなわけだし。そうなると、もしかするとデイジー・リドリーのフランスの話だけ?もしかしてそれを記事で言及していないというそれだけの話?

            デイジー・リドリーのフランス記事の話ですが、

            1. 話しの前後から脚本全般の話をしていることは明らか。
            2. デイジー・リドリーがJJの草案を読んだ可能性は低い。
            3. 本人も「I think」「I believe」と言っているだけで、読んだとは一言も言っていない。
            4. そもそもこれはTumblrユーザーがフランス語から英語に翻訳したもので、デイジー本人の言葉ではない。

            自分はどうしてもこの点が気になります。デイジー・リドリーもそこまで大意があったとは思えません。

            それに比べて、記事で書いた親とかレイの過去の話は、本人が直接そのことに言及している言葉ですよね?だからレイの過去に関しては、同じ設定だったと考えています。ライアン・ジョンソンがどこまで自由に書いたかは定かではありませんが、一応JJの頃から変更はなく、ふたりは同じルートを選択したのだと思います。

  3. 匿名

    >インドアの月の不潔星人さん
    SW愛を拗らせてますね…
    そんな重箱の隅つついた指摘してて楽しいですか?
    論破してマウント取りたいクチですか?

    今のSWが気にくわないなら、静かに離れましょうよ。ね。

    返信
  4. インドアの月の不潔星人

    >匿名さん
    重箱の隅をつついているように感じられるのであればそう思ってくださればいいと思います。
    返信を見てみても、何が言いたいのかいまだに理解してくれてないみたいなので、私もあきらめましたよ。(笑)なので、ひとつ前の返信でも書きましたが、この話はおしまいですよ。

    SW気に入らない派に分類されてしまったようなので(笑)もうこちらに書き込みはしませんが、一度荒れたコンテンツはどこもこういうこと言う人が現れるもんなんですねぇ・・。

    返信
    1. MAN vs スターウォーズ(管理人) 投稿作成者

      誤解されてるかもしれないけど、自分もライアン・ジョンソンが自由に脚本書いたと思ってますよ。ただそのときに何も手助けがなかったわけではなさそうだけど。その上で、本人が決定して書いていったのだろうから、ライアン・ジョンソンが語ったことも本当だと思う。

      まあねこの辺はね、From a certain point of viewですわ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。