『最後のジェダイ』ルークのライトセーバーがブルーだった理由、監督による解説

『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』のクライマックスでもある、クレイトでのルークvsカイロ・レンのシーン。あれを最初に見たとき、私も「ん?グリーンじゃなくて、なぜあえてブルーに?」と感じました。

あの最も重要な場面で、ルーク取り出したライトセーバーがグリーンではなくブルーだった理由はどこにあるのか。その理由を推測することはできたものの今一つ確信がもてなかったのですが、この件についてライアン・ジョンソン監督が理由を説明している記事がIGNに掲載されています。

監督による解説

ライアン・ジョンソン監督の解説によると、「ルークはカイロ・レンの弱点が怒りであることを知っていた。そのため、寺院で対決したときと同じような若い姿で登場し、ライトセーバーもカイロ・レンの祖父のものを使用した」ということが理由のようです。

つまりベンの怒りを刺激するために、あえてあのブルーのライトセーバーを選択したようです。

©Disney / Lucasfilm

またカイロ・レンはあのライトセーバーが破壊されてしまったことを知っている可能性があり、ルークがそれを取り出したときに、なにかおかしいと気付くのではないかという疑問については、次のように答えています。

観客はあのライトセーバーが真っ二つになった場面を目撃した。しかしカイロ・レンはあのとき閃光を浴び、そのまま意識を失ってしまう。そして再び目を覚ます前に、レイがライトセーバーを持ち去ってしまった。

すなわち、カイロ・レンはライトセーバーになにが起きたかを知らないため、ルークがあのブルーのライトセーバーを取り出したところで、カイロ・レンが違和感をもつことはないとのことです。

Source: IGN

ディズニーデラックス

5ブランドが揃う唯一のディズニー公式サービス「 Disney+ (ディズニープラス)」。スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックの映画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。