ヘイデン・クリステンセン「娘にはスター・ウォーズを見せない」

ルークが自分の父親がダース・ベイダーだと知ったときのショックは計り知れないものがあったことだろう。眠れない日が何日も続いたとしても不思議ではない。

スター・ウォーズのプリクエルでアナキン・スカイウォーカー役を演じたヘイデン・クリステンには現在2歳の娘がいるのですが、この子にはスター・ウォーズを見せる予定はないと話しています。

ヘイデン・クリステンの妻、レイチェル・ビルソンは取材の中で、娘をお互いの俳優生活からできるだけ遠ざけるようにしていることを語っていて、特にヘイデン・クリステンのスター・ウォーズに関しては細心の注意を払っているとのこと。

もしあの子が知ったら「うそ!お父さんがダース・ベイダーなの!?」ってなるでしょうね。

たしかにもし小さい子が自分の父親が悪役だと知ったら、ショックを受けるかも。お父さんは悪い奴だったの?とネガティブに受け取る恐れもあるし。

しかし父親がダース・ベイダーであるというのは悪いことばかりではないかも模様。レイチェル・ビルソンもジョーク交じりにこう話します。

公園では誰もあの子にちょっかいをかけないだろうけど。

グッズが色々

夫妻は少なくとも数年間は娘に見せるつもりはないとしているものの、レイチェル・ビルソンのインスタグラムにはそれとは裏腹にスター・ウォーズの影響が見え隠れしています。

#revengeofthefifth #thankfullyshechosetheblue

A post shared by @rachelbilson on

Hooked on phonics worked for me 😉 thanks @georgegriff1n 📸

A post shared by @rachelbilson on

A post shared by @rachelbilson on

どうやらヘイデンの娘はブルーのライトセーバーを選んだよう。2歳にして早くもライトセーバーのトレーニングを開始するというのはかなり早熟かもしれない。

しかも、アナキンから直接指導が受けられるという羨ましい環境にある。もしカイロ・レンがこの家の住所を突き止めたら、すぐにでも引っ越してきそう。

しかし、ダース・ベイダーのシューズが少し気になる。ダークサイドの誘惑が本人の知らないうちに始まっているのかもしれない。

Source: People

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。